認知症の薬物療法2

2011年にはようやく他の治療薬が登場します。ガランタミン(商品名:レミニール)、

メマンチン(商品名:メマリー)、日本初の貼付タイプのアルツハイマー型認知症

治療剤であるリバスチグミン(商品名:リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ)です。

ガランタミンは塩酸ドネペジルと同様にコリンエステラーゼ阻害剤ですが、その他に

ニコチン性アセチルコリン受容体の刺激作用を持ち、これら2つの薬理作用

(デュアル・アクション)により、アルツハイマー型認知症で低下している

コリン機能を賦活化し、認知症症状の進行を抑制します。軽度及び中等度の

アルツハイマー型認知症に適応があります。

メマンチンは他のアルツハイマー型認知症治療薬と異なり、

ただ一つのグルタミン酸受容体拮抗作用を有します。

アルツハイマー型認知症では脳内のアセチルコリンの低下と共に

他の神経伝達物質であるグルタミン酸の濃度の上昇があり、

グルタミン酸によりその受容体の過剰な刺激が、認知症を引き起こしている

という仮説があります。メマンチンはこの受容体に拮抗作用があり、

過剰刺激を改善するという働きがあります。中等度及び

高度アルツハイマー型認知症が適応であり、認知症症状の

進行抑制効果があります。また、認知症における攻撃性や

行動障害などの行動・心理症状(BPSD認知症随伴症状)の

進行を抑制効果も期待されています。また、作用機序が異なるため、

塩酸ドネペジルやガランタミンなどのコリンエステラーゼ阻害剤との

併用により効果が増強するということも期待されます。

また、抑肝散などの漢方薬で症状が穏やかになることも報告されています。

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

認知症の薬物療法1

認知症の薬物療法1

従来、認知症は薬物療法では効果がないとされていました。脳循環代謝改善薬があり

ましたが、臨床的に効果が充分に得られませんでした。また、認知症に伴うせん妄、

攻撃的行動、徘徊などの問題行動が適応になっていたのは塩酸チアプリド

(商品名:グラマリール、ジェネリックもあります)ですが、これも充分な効果が

あったとは言えませんでした。


その中で、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる薬として、1999年11月に

塩酸ドネペジル(商品名:アリセプト、ジェネリックもあります)が登場しました。

次ぎに抗認知症薬が登場するのは2011年ですから、12年ほどの間、1剤で治療が

行われたわけです。これは、脳の中のアセチルコリンという記憶に関連した物質を

分解する作用のあるコリンエステラーゼの阻害剤です。しかし、認知症の特効薬と

いうイメージは少なく、また全ての認知症の方に効果が得られるというものでは

ありませんが、前述した脳循環代謝改善薬や塩酸チアプリドに比して、臨床上では

かなりの手応えがありました。剤形も錠剤の他に、水の要らないOD錠やゼリータイプ

のものもあり、高齢者への配慮があります。また2007年には高度アルツハイマー型

認知症の適応を取り、軽度から高度の全ての状況での適応を得ました。とは言っても、

臨床で一番効果を得やすいのは軽度のアルツハイマー型認知症だと思います。

認知症においても早期発見早期治療が効果が得やすいのは他の病気と同様です。

認知症の場合、軽度のときは家族が気にはしていても受診にはつながらず、中度以上に

なって困り果てて受診すると言うことが多い傾向があります。そのような状態に

なってからは、薬物療法でもコントロールがしにくくなります。早めの受診が

QOLを保つためには是非とも必要なことだと言えます。

 不潔行為は、家族がもっともショックを受ける症状の一つです。

尿の失禁は認知症のために起きる場合もありますが、泌尿器や神経の病気のために起こる場合もあります。

泌尿器科を受診することによって解決することもあります。

また、介護する上で時間を見計らってトイレ誘導したり、尿意のサインを見つけてトイレを勧めることもいい方法です。

排泄がうまくいかず部屋を汚してしまうことがあります。

便失禁のあと、排泄物を自分で片付けようとする場合が多いのですが、認知症のために遂行能力が減退してしまうため、

結果として自分の体や服や部屋を汚染してしまうことになります。

失禁の原因を把握して出来るだけ悪循環に陥らないような工夫が必要です。

認知症のために尿意が希薄化すること、トイレの位置が分からなくなること、歩行に時間がかかるために間に合わないこと、

服の着脱がうまく出来ないことなどが主な原因です。

それぞれの原因に合わせた対処法が必要です。

また、失禁や不潔行為は本人がわざとやっている訳ではありませんから、愚痴を言ったり、叱ったりしてもいい効果は得られません。

お互いに介護がやりやすくなるようないい循環を作ることがポイントです。

 

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。


個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

認知症にはよくみられる症状の一つに怒りの衝動があります。

 認知症になると、怒りの衝動をコントロールすることが困難となり、攻撃性が増すことがあります。

そのため暴言や粗暴行為、拒絶などが起こることがあります。妄想によって攻撃性が出る場合もあります。

認知症の約3割に妄想がみられるのですが、物を置いた場所を忘れてしまうことから物盗られ妄想となることがあります。

家族など身近な人が妄想の対象となることが多いのもその特徴です。

妄想が体系化されない場合にはそのこと自体忘れてしまうこともありますが、常に妄想に支配された言動が見られる場合などは

専門的な治療が必要となります。

他に怒りの原因として、介護者の言動・行動を誤って理解してしまうことが挙げられます。

自分の思うような援助が得られない場合は無視されていると思いこみ、怒りへとつながります。

介護者の行動を誤解されないように、まずは声かけをして、これからどういったことをしようとしているのか説明することもよい方法です。

 

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 9月上旬 up します。

認知症に特によくみられる症状について説明いたします。

 睡眠の障害ですが、睡眠は認知症ではなくても年をとることに伴い変化してきます。

高齢者の睡眠は浅く、短くなる傾向があります。

そのために夜、途中で目が覚めてしまうと言うことも増えてきます。

早寝、早起き傾向になり、人によって昼寝やうたた寝が増えることもあります。

睡眠リズムの変化自体は大きな問題ではありませんが、介護が必要となっている場合、出来るだけ介護する人と生活リズムが

異ならないようにする工夫が必要です。

在宅でも夜間の介護は大変ですが、施設においても夜間は職員の数が少なくなるため、夜間の睡眠の確保は、

よりよいケアを受ける上でも重要なことといえます。

昼寝をしてしまうから夜間によく眠れないという場合、昼寝をしないような工夫が必要です。

何もやることがないから昼寝をしてしまうという場合などにはデイケア・デイサービスなどへ参加して、昼間の覚醒度を

高めると夜間にしっかり睡眠が出来ることが多いです。

 

注意が必要なのは夜眠るために安易に睡眠導入薬を使う場合です。

夜中に目が覚めてトイレなどに行く場合、ふらついて転倒することがあります。

また、睡眠導入薬が認知症の周辺症状である夜間せん妄を引き起こす場合がありますから、薬によって睡眠をコントロール

する場合は専門家に相談してください。


(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 6月上旬 up します

認知症の中核症状と周辺症状

 認知症の症状には知的能力の低下が直接現れる中心となる症状、つまり「中核症状」とそれに伴って出現する「周辺症状」があります。

症状を的確に判断し対応することが必要ですが、それぞれ治療や対応の方法が異なってきます。

 主な中核症状といたしまして、記憶力の障害、いつ・どこか・相手が誰かが分からなくなる見当識の障害、判断力の低下があります。

記憶に関しましては、近時記憶という数分前から数日前の記憶が障害されやすいのが認知症の特徴です。

見当識の障害は認知症では今日がいつであるのかという時間の見当識、ここがどこであるのかという場所の見当識、

それから相手が誰であるのかという人の見当識の順番で障害されていきます。

時間の見当識は、毎日毎日更新しなければならないために、一番最初に障害されます。

認知症の検査の中に「今日がいつであるのか」という問題が入っているのはこれを調べるためです。

これらは認知症で現れてくる症状ですが、体の病気や疲労などの体調不良、飲酒などによって一時的に出現することも

ありますから、専門家の診察が必要となる場合があります。

これらの中核症状の元となる脳の神経細胞の変化は元に戻らないものですから、認知症の進行で失った機能を元に

もどしたり、進行を完全に止めることは困難です。ですから、早目に認知症を見つけ、薬物療法や生活習慣の改善、

心理ケアを行うことで進行を遅らせることが可能な場合があります。

ご家族にとりましても初期の段階であれば、常に介護に追われるということはありませんので、医療機関で相談したり、

介護保険の利用など様々なサービスについて情報を集めたり、正しい認識を持つことなど時間的な余裕をもって対応する

ことができます。

 

 もうひとつ「周辺症状」と呼ばれている症状ですが、これは個人によってかなり現れ方に差があります。

また、介護をする上で中核症状よりも周辺症状の方がより負担がかかることがあります。

睡眠障害、幻覚、妄想、意識に曇りが生じそれに異常行動などが伴うせん妄、徘徊、粗暴行為、食行動の異常、

不潔行為などがあります。

近親者にとってはとてもひどい症状のように感じショックを受けますが、周辺症状の場合、中核症状と異なり薬物療法や

心理ケア、介護の工夫により改善される場合が多いといえます。

 

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 3月上旬 up します

認知症の分類について

 認知能力というのは、物事を理解し、判断したり、記憶したり、他の人と適切にやりとりをするという日常生活に欠くことの出来ない

 

能力です。この認知の能力が何かの原因により著しく障害されてしまった状態を認知症と言います。原因としては、脳の神経細胞が

変化したり、脱落して起こる状態、代表的なものとしてアルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症があります。他に脳の血管の

障害によって起こる脳血管性認知症や、数は少ないですが脳の腫瘍、感染症、その他の体の病気によって起こる二次性の認知症が

あります。

 

 認知症も他の病気と同じように早期発見、早期治療やケアを行えば症状を軽くしたり進行を遅らせたりすることができます。しかし、

年をとれば誰でも経験する物忘れや勘違いと区別がつかなかったりすることや、他の人から認知症だと思われることが恥ずかしいと

思い、ついつい治療機関にかかることが遅くなり、より治療や介護が大変な状態になることも少なくありません。

 

 認知症の症状には知的能力の低下が直接現れる中心となる症状、つまり「中核症状」とそれに伴って出現する「周辺症状」が

あります。症状を的確に判断し対応することが必要ですが、それぞれ治療や対応の方法が異なってきます。

認知症について  9月21日は何の日?

認知症     

9月21日は何の日?

 「国際アルツハイマー病協会」が1994年に毎年9月21日を「国際アルツハイマーデー」と定めました。この由来は、

1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催さたことによります。

会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、

世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

それから17年が経過しています。その間1999年には塩酸ドネペジルというアルツハイマー型認知症に対する薬が

認可され、日本では2000年には介護保険制度が施行されました。しかし、認知症の患者数はおよそ200万人とかなりの

ペースで増加しています。


この一番の要因は、医療や衛生、栄養学が進み、長寿となったからです。今から100年前には平均寿命は50年ほど

でしたが、今や約80年となったことと考えることが出来ます。


実際に認知症の有病率を調べてみますと、65歳から69歳では1.5%に過ぎませんが、それ以上になりますと5歳ごとに

約2倍の割合で有病率が増え、85歳以上では27.3%と約4人に一人が認知症となっていると統計では出ています。

かつて平均寿命が50年のときには、認知症になる前に多くの方が天寿を迎えており、認知症自体がそれほど問題には

ならなかったわけです。しかし、大幅に寿命が延びた現在では、もはや認知症は珍しい病気というものではない、

つまり、特別な人に起こる特別な事態ではなく、高齢になればなるほど誰でもが直面する確率が高くなる病気といえる

でしょう。

 認知症と言いますと、以前は老年痴呆とも呼ばれていた経緯もあり、「身の回りのことが何もかもわからなくなってしまう

病気」だと思われているかもしれません。しかし、実際には病気が進行していってもかなりの能力が保たれていたり、

感情もあります。正しく認知症を理解し認識することによって、ご本人の尊厳を保ちながら、よりよい介護や治療により

病気の進行を遅くしていくことが望ましいといえるでしょう。

 

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 11月上旬 up します。

うつ病の治療について

今回はうつ病になったらどうすればいいのか、治療を含めてお話しいたします。
うつ病は血液検査など数値がわかる検査では計ることができないものです。また、気がたるんでいる、励ませばなんとかなるといった精神論では解決しません。
ご本人や家族がうつ病が病気であることを理解し受け入れることが肝心です。そして、「無理をせずに休むこと、治療を受けること、回復を待つ余裕を持つ」ことが必要です。
現時点では、医療機関にかかり、きちんとした治療を受けることが早めの回復につながります。薬物療法以外の方法もありますが、時間がかかることが多いこと、行っている医療機関が少ないことなどから、現時点では副作用の少ない新しいタイプの抗うつ剤の治療が薦められます。

1)治療を受ける前に気をつけること
a.まずは休養が一番肝心です
働きながら治すことは負担が大きい上に、悪化させることもあります。また、事故とか怪我を起こしてしまうという心配もあります。
薬が効き始めるのには3~4週間くらい必要ですが、全体に概ねよくなる期間は標準的には3ヶ月くらいのの療養が必要です。この期間に、これまでの無理をしてきた生活スタイルを見直す工夫をするとよいでしょう。薬だけでうつの気分を治したとしても生活スタイルを見直さなければ、再発を繰り返すことが多くなると思います。

b.病気であるということをちゃんと理解しましょう
気がたるんでいるのだとかの問題ではなく、病気であるから治療が必要という認識がちゃんと持てるかどうかが肝心です。

c.きちんと休養をとり、治療を受ければ治る病気あることを理解しましょう
職場復帰も十分に可能な病気です。しかし、しっかり休養をとることと、医師の指示通りに治療を受けないと、長引いたり、治りにくくなることもあります。うつ病になると何だか自分の病気は治らない病だというように感じてしまいますが、きちんと治療を受けることでその時はおかしなことを考えていたのだと言うことがあとになってわかります。

d.大きな決断はしないようにしましょう
うつ病の時のかすんでしまった頭ではちゃんとした判断ができません。退職、転職、離婚、転居などの重要な判断は先送りにして、うつ病が治ってからにしましょう。

e.自殺や自傷、自己破壊的な行為は行ってはいけません
そのときはそうせざるを得ないように感じてしまいますが、うつ病が治ったら、どうしてあのときは、変なことを考えたのだろうと振り返ることがほとんどです。うつ病になった多くの方が、自殺を考えます。しかし、それはうつ病という病気がそう思わせているのであって、うつ病から回復さえすれば、そういう思いもなくなります。

2)治療において大切なこと
a.症状が軽くても治療が必要な状態であって、決して「気のゆるみ」や「怠け」ではないことを本人のみならず、家族や職場の人間に理解して頂きます。
b.できるだけ早い時期に心理的休息をとるようすすめます→家族・職場にも
c.回復は一進一退であることを理解していただき、一喜一憂しないよう伝えます。
普通、病気は骨折が治るように直線的に治癒に向かうと考えがちですが、精神疾患に関しては、少しよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、全体的によくなっていきます。
f.服薬の重要性を理解していただき、勝手に中止したり減量したりしないようにして下さい。また、副作用については少なくなってきているものの、眠気がしたり、胃腸の具合が悪くなるなどのこともあり、事前に知っておくと安心できることが多いです。薬の飲み始めに多く出てきますが、自然に胃腸症状などは少なくなってくることも多いです。

3)治り始めると
a.ちょっとしたポジティブな変化が現れます。
表情がやわらぐ 少し眠りが深くなった 食欲が出てきた というような実感がでてきます。
b.最初はわずかな変化であり、本人や家族も気がつかないことも多いです。
c.まずは、食欲不振、睡眠障害、不安やいらいらという周辺症状の改善から、その後、抑うつ気分、意欲の低下などの精神症状が改善することが多いです。 
d.症状の改善の順番は不安やいらいらの軽減→憂うつ感の改善→おっくう感の改善の順番が多いです。

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 9月上旬 up します。

 

うつ病の症状

今回はうつ病の症状についてupさせて頂きます。

精神症状という心の症状と体の症状に分けて考えます。まずは心の症状ですが、

a.気分の落ち込み(これは自分自身が気づく症状です)

   気分が落ち込み、憂うつな気分になる

   悲しい気持ちになる

   何の希望もなくなる

b.意欲の低下(家族や職場の人間もその変化でわかる症状です)

   これまで好きだった事への興味や喜びがなくなる

   気力が低下して、何をするにもおっくうになる

   人付き合いもいやになる

   仕事をしたくなくなる

   新聞やテレビを見なくなる

   身だしなみに関心を払わなくなる

c.あせりや罪悪感

   あせってイライラする

   根拠もなく、自分の責任だと思う

   過去の小さな事を思い出しては悩む

d.思考力の低下(これはミスが多くなって気づく症状です)

   集中力がなくなり、能率が低下する

   物事の判断ができなくなる

 

身体面での症状としては

a.睡眠

  寝付きが悪い

  眠りが浅かったり、朝早く目が覚めたりする

   朝、目覚めたときが一番憂うつである

  睡眠不足からくる頭痛、肩こりに悩まされる

  全体にノンレム睡眠という深い睡眠となる時間が極端に少なくなってきます

b.食欲

  食欲がなくなる

  何を食べてもおいしいと思えず、砂をかんでいるようだ。

  味わいがなく食事が楽しくない

  体重が減った

  胃がもたれる、むかつきがある

c.その他の体の症状として

  微熱が続く

  ときどきめまいがする

  息切れがする

  冷や汗や寝汗をかく

  体がだるい

  動いていないのに疲れやすい

   体の動きが遅い

  トイレが近くなる

  便秘や下痢に悩まされる

  生理不順が続く

また、見落としがちなのがアルコールへの依存です。眠れないのを無理矢理眠ろうとしてアルコールを飲む、体のだるさを忘れようとして飲むということを繰り返し、どんどんアルコール依存になっていきます。

実際に統計を取りますと、うつ病の方がアルコール依存を併発している確率、アルコール依存症の方がうつ病を併発している確率は、両方ともかなり高い値になっています。

また、飲酒がうつ病をさらに悪化させる要因であるという説もあります。

症状が軽いうちに受診をすれば、重症化させないこと、

つらい時期を減らすことができますので、早期治療をおすすめします。

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。

個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)

 

次回は 7月10日頃に up します。