認知症にみられる症状 不潔行為について

 不潔行為は、家族がもっともショックを受ける症状の一つです。

尿の失禁は認知症のために起きる場合もありますが、泌尿器や神経の病気のために起こる場合もあります。

泌尿器科を受診することによって解決することもあります。

また、介護する上で時間を見計らってトイレ誘導したり、尿意のサインを見つけてトイレを勧めることもいい方法です。

排泄がうまくいかず部屋を汚してしまうことがあります。

便失禁のあと、排泄物を自分で片付けようとする場合が多いのですが、認知症のために遂行能力が減退してしまうため、

結果として自分の体や服や部屋を汚染してしまうことになります。

失禁の原因を把握して出来るだけ悪循環に陥らないような工夫が必要です。

認知症のために尿意が希薄化すること、トイレの位置が分からなくなること、歩行に時間がかかるために間に合わないこと、

服の着脱がうまく出来ないことなどが主な原因です。

それぞれの原因に合わせた対処法が必要です。

また、失禁や不潔行為は本人がわざとやっている訳ではありませんから、愚痴を言ったり、叱ったりしてもいい効果は得られません。

お互いに介護がやりやすくなるようないい循環を作ることがポイントです。

 

(これらのことは、一般的な症状や兆候に基づいて記載しております。


個別のケース、詳細は医師にご相談下さいませ)